キャバ嬢になるなら知っておきたい3つの営業方法

キャバ嬢の主な営業方法3つ

キャバ嬢には様々な営業方法があります。
キャバ嬢は自分に合った営業方法を見つけて指名や売上を獲得しています。

その中でもメジャーとも言えるのがこの3つです。

友達営業
色恋営業
枕営業

中にはあまり良いとされていない営業もあります。
さらに言うと、この3つの営業をすれば必ず売れる、というわけではありません。

ですが、営業方法のひとつとしてこんな方法もあって、その方法で営業をしているキャバ嬢も実際にいるということについて知っていってください!

administrator

これらの営業をするメリットとデメリットについても紹介していきますね。

友達営業

友達営業
キャバ嬢がお客さんと本当の友達のような関係になる営業方法です。
特に若いサラリーマンなど、キャバ嬢とお客さんの年齢が近い場合に有効な手段だと言えます。

キャバ嬢とお客さんという関係ではなく異性の友達に近い関係になることで、飲み会感覚でキャバ嬢に会いに来てもらえます。

友達営業のメリット

メリットは、お客さんはキャバ嬢を「下心をもって接する女性」としてではなく、「飲み友達」という感覚に近い気持ちで接することになり、セクハラやストーカー被害が減ります。

お客さんと長く友達の距離感を保って営業することができるので、定期的な来店を見込むことができますね。

接客する側としても友達感覚なので、とても気持ちが楽に感じられます。

友達営業のデメリット

デメリットは、太客にはなりにくいという点です。

お店に来て指名するところまではしてくれるでしょう。
ですが、あくまでも友達です。

友達のために高額ボトルをオーダーしたり、同伴料金を支払ってまで外で会おうとは思いません。

長期的なお客さんになってくれるでしょうが、セット料金と指名料だけ、という場合も多いかもしれません。

色恋営業

色恋営業をするキャバ嬢が今の時代では一番多いかもしれません。

色恋営業
お客さんの下心を利用して、お客さんに女性として好かれるような接客をすること

キャバクラに下心をもって訪れるお客さんは多いです。

「もしかしたら口説けるかも」という隙を作れば、興味を引くためにどんどん来店して高額オーダーをしてくれる可能性も増えていきます。

色恋営業のメリット

メリットは、お客さんの恋心をうまく動かすことで頻繁に高額の売上を出すことができる可能性を秘めていることです。

相手のことを好きであれば、プレゼントのおねだりや同伴にも応じてくれるでしょう。

色恋営業のデメリット

色恋営業のデメリットは、お客さんがキャバ嬢に本気になりすぎた場合に注意が必要なことです。

お店での関係を逸脱して、ストーカーまがいの行動を取られたり、強引な手段でキャバ嬢を口説き落とそうとしたり、危険が及ぶ可能性があります。

さらに言えば、人を好きで居続けることは非常に難しいです。
お客さんが他の女性に興味を持ったり、どれだけ頑張っても自分になびかないことを知ってしまえば、この色恋営業は長続きしません。

枕営業

最後に枕営業です。

枕営業
お客さんと身体の関係をもつ接客方法です。

芸能界の話でもよく聞くかもしれません。

口には出さないものの、キャバ嬢の世界では意外と蔓延しているんです。

枕営業のメリット

メリットというと、非常に簡単に指名を取れることです。

キャバクラに来るお客さんの中には、キャバ嬢との一夜限りの関係に期待を持っている方も多いです。

そのお客さんの期待を叶える形になるので、「次指名してくれたらホテル行ってもいいですよ」とでも言えば簡単に本指名を取ることができますよね。

枕営業のデメリット

デメリットも当然あります。

一夜限りの関係ともなれば自分の体に危険が及ぶ可能性もありますし、楽でリスキーな方法という認識は今も昔も変わりません。

枕営業をして獲得した指名は周りのキャバ嬢からの印象も悪くなり、その噂がお客さんにも広がれば良いお客さんは離れていき、枕営業を望むお客さんしか近づいてこなくなります。

ですので、楽だからといって枕営業はしてはいけませんよ。