名前から超個性的!「進撃のノア」から学ぶ個性の出し方

名前から個性的な進撃のノアさんのプロフィール

画像:https://honsuki.jp/pickup/9148.html

administrator

進撃のノアさん。
名前からかなり個性的ですよね。
今大阪・北新地のトップキャバ嬢と言っても過言ではない人気の持ち主で、そのキャバ嬢としての伝説エピソードも数多くあります。
まずは進撃のノアさんのプロフィールからご覧ください。

※2019年2月更新

名前 進撃のノア(しんげきののあ)
生年月日 1995年1月12日
年齢 24歳
血液型 A型
身長 159cm
所属 北新地CLUB NILS

まだ24歳とかなりお若い年齢。
しかも、プロフィールには記載していませんが進撃のノアさんは高校時代ニュージーランドに留学されています。

それはノアさんのご両親からのキャバ嬢を始めるための条件だったそうです。

確かに、英語ができれば仕事には困りませんよね。
それよりも高校入学以前、中学生時代からキャバ嬢になりたいと思い、それをご両親が条件付きでも承諾されたということ自体に驚きました。

実際現在では大阪トップクラスのキャバ嬢になられているのですから、ノアさんはそれだけの努力や才能、覚悟がある方だということがわかりますね。

ガサガサ声&がっつり関西弁のキャラが特徴

そんな進撃のノアさんの特徴はガサガサ声と関西弁。
ガサガサ声の原因は酒やけだそうです。

若くて可愛らしい見た目からは想像がつきません。
その上見た目とのギャップで印象的に映る方も多いです。

最近ではキャバ嬢はもちろん、関西出身の女の子もあまりコテコテの関西弁を使う方は少ないのですが、ノアさんはかなりがっつりと関西弁を使われます。

関西弁というのもひとつの個性ですよね。
自分の持ち味をしっかり出されています。

仕事でドレスはあまり着ないのも特徴

キャバ嬢はキラキラのドレスを来ている方が多い中、進撃のノアさんはあまりドレスを着ていません。

多くの場合がワンピースやカジュアルファッションなど、キャバ嬢のイメージを覆す比較的カジュアルな服装が多いんですよね。

北新地は落ち着いたキャバ嬢がいる高級キャバクラが多い中、進撃のノアさんはかなりカジュアル。

お店でも「スカートであればなんでも良い」と言われているそうです。
ですので、スニーカーやパーカーを着ていることもあります。

「キャバ嬢=ドレス」というイメージがあるかもしれませんが、その中でもカジュアルファッションを身にまとうノアさんのファッションは個性を形作るひとつとして見られています。

その「ノアさんらしい」で完結する自由っぷりはまさに個性的という言葉がぴったりです。

名前に関するエピソード

画像:https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2018/017782.html

最初にも言った通り、「進撃のノア」さんという名前、かなり個性的ですよね。

その名前に関してもかなり注目されています。

ですがこの名前、ノアさん本人意図があって決められたそうなんです。
その意図とはどのようなものなのでしょうか?

administrator

ここで、進撃のノアさんの名前に関するエピソードについてご紹介していきます。

最初は冷たくされたり不遇の時代もあった

「進撃のノア」さんという名前、今でこそ大阪のカリスマキャバ嬢という箔がついていることもあり受け入れられています。

ですが、まだ駆け出しだった頃は「舐めてるのか」と名前を言っただけで怒られたり、「チェンジ!」と言われるなど不遇の時代もあったそうです。

しかし、そこで必要以上に落ち込むことはせずに、ノアさんは「進撃のノア」「ノア」の2種類の名刺を持ち歩き、お客さんを見て名刺を使い分けていたそうです。

その空気を読む力はさすがというべきですね。
そうすることで、少しずつ人気を得ていきました。

administrator

やはり、売れるキャバ嬢になる為にはキャバ嬢の基礎でもある”空気が読める”と事が重要ってことがノアさんを通してわかりますね!

「どこでもノア」になる可能性もあった!?

現在は「進撃のノア」さんの名前で通っていますが、なんと他にも源氏名の候補があり、そのひとつが「どこでもノア」だったそうです。

某ネコ型ロボットを彷彿とさせますね。
人気の漫画・アニメ作品をもじったものですが、ネーミングセンス抜群です。

どちらにしても「キャバ嬢の名前なんてすぐ忘れられるから、一度聞いたら忘れられない名前にしたかった」だそうです。

確かに名前と顔を覚えてもらうことはキャバ嬢として人気を得るためにかなり重要なことです。
名前で個性をつける、その作戦は今のノアさんの姿を見れば大成功だと言えますね。

強い個性を強いメンタルで押し通したキャバ嬢

個性的な名前が原因で冷たくあしらわれたら、名前を変えたくなったりキャバ嬢という仕事自体やめたくなってしまうかもしれません。

ですが、進撃のノアさんは強いメンタルでそれを押し通し、自由な名前もひとつの個性として確立されています。

美しさを追求すること、キャバ嬢としての接客や気遣いを徹底すること。
この基礎を養った上で個性を炸裂されている進撃のノアさん。

その人気は今もなお上がり続けています。

キャバ嬢の仕事はお客さんからあからさまに冷たくされたり、怒鳴られたりすることだってあります。

そんなストレスがたまりやすいキャバ嬢の世界で、メンタルを強く保ち生き残ることはとても大切なことだと言えますね。