個性的になる前に基礎をかためよう!キャバクラで売れるための方法

キャバクラで売れるための方法

私は今までたくさんのキャバ嬢たちにインタビューをしてきました。

その上で私はキャバ嬢として売れるためには個性が大事なことに気がついたのですが、ちょっとここで気をつけて欲しいのは、個性をつける「だけ」では売れないことです!

キャバ嬢としての容姿、接客スキル、会話術。
それらのキャバ嬢としての基礎が備わった上で個性がないと、売れっ子キャバ嬢にはなることができません!

administrator

ここでは、捨ててはいけないキャバ嬢としての接客の基本について紹介していきます。

まずはキャバ嬢としての基本を押さえよう

基本が備わっていないキャバ嬢はいくら個性を出したとしても、お客さんから人気を得ることができません。

基礎問題が解けなければ応用問題を解くことはできない、勉強と一緒ですね。

administrator

キャバ嬢としての基本の接客ができない個性的なキャバ嬢はただの「変な人」です!
まずはキャバ嬢としての基本的な部分について紹介していきますね。

その1.美人は前提!

まず、美人であることはキャバ嬢なら当たり前。
売れっ子キャバ嬢と言われている方も、元が良いだけではなく美容には並々ならぬ努力を重ねています。

キャバ嬢の仕事は昼夜逆転生活で、深夜に飲酒・食事をすることが日常です。

そんな生活を送っていたら肌荒れするのも仕方がない、そう思うのではなく「それでも」肌を綺麗に保つ努力が必要不可欠です。

そのために高い美容代を払ってエステに通ったり、化粧品にこだわりを持っている方、体型をキープするために定期的にジムに通っている方もたくさんいます。

そうした並外れた努力の上に人気キャバ嬢の地位が成り立っているんです。

ですので、美容に手を抜かないこと・常に美しくいるために努力を怠らないことは、キャバ嬢としての日常であることだと忘れてはいけないなんです。

その2.気配りは徹底する!

周りへの気配りを徹底しましょう。

キャバ嬢として接客する上で大切にしたいことは、空気を読むことです。

お客さんのお酒やタバコに目を配って行動に移すことは、簡単に見えてとても難しいです。

また、キャバクラには接待目的で来店する方も多いです。
その場合接待される側の方を立てるようにキャバ嬢としても接客を意識しなければいけません。

上司と部下で来店されている場合も、上司の方を立てるように接客します。

そうしたお客さんの一挙一動やお客さん同士の関係性を察知して、お客さん全員が楽しくキャバクラで過ごすことができるような気配りを徹底しなくてはいけません。

その3.会話はお客さんに話をさせる!

お客さんを楽しませるためにと一方的に喋り続けることは、逆に場の空気を盛り下げることになります。

自分の話をしたいと思ってキャバクラに来店するお客さんも多いです。

お客さんが何か話したそうであれば聞き役に徹する、時には話を聞きながらリアクションを取ることも必要です。

誰でもニコニコしながら興味深かそうに自分の話を聞いてくれる人には好感を持ちます。

あるお店のナンバーワンキャバ嬢の方が言っていました。

cabaretclub-hostess

お客さんは嬢の話には興味がない。自分の自慢話をしたい人が多いから、それに徹底的に付き合うのがキャバ嬢である私たちの仕事なんだよね。

聞き上手になってお客さんに気持ちよく話をさせることは、キャバ嬢としての魅力に直結すると言えそうです。

その4.いろんな話題についていけるように!

キャバクラにはいろんなお客さんが来店します。

キャバ嬢と同年代か少し上くらいのサラリーマンはもちろん、会社の重役のような年配の方も来ます。

親子ほど年齢が離れているお客さんの接客をすることも日常茶飯事です。

ですので、様々な年齢層のお客さんに合わせていろんな話題についていけるようになることが大切です!

仕事の話、ニュースの話、流行りの話など話題は様々。
年配のお客さんの難しい話にはついていけないと思うかもしれません。

人気のキャバ嬢の方は難しい仕事関係の話はわからなくても、少なくとも話題のニュースには常にアンテナを張って、話についていけるようにしているそうですよ。

まとめ

個性を打ち出す前に、基本として押さえておきたいキャバクラでの接客方法は以下の4つです。

その1.美人は前提!
その2.気配りは徹底する!
その3.会話はお客さんに話をさせる!
その4.いろんな話題についていけるように!

美人で聞き上手、お客さんに気持ちよく話をさせてあげられることはキャバ嬢としての基礎中の基礎ですが、これらが完璧にできるキャバ嬢って少ないんですよね。

ですが、少ないからといって完璧にできなくても良い、という言い訳にはなりません。

administrator

売れるキャバ嬢になるためには、個性を打ち出すこともそうですが、まずは基本を押さえることは必要不可欠。
これらのことについて鍛えることから始めましょう。