キャバ嬢にとって「名刺」は超重要!?作り方やおすすめの渡し方

キャバ嬢にとって名刺は超重要

キャバ嬢の仕事をしていく上でまず接客をすることが大切ですが、お客さんが帰ってからそのキャバ嬢のことを思い出してまた来てくれるかどうかが指名につながります。

思い出すきっかけとして非常に役立つのが「名刺」です!

自宅に帰ってポケットや財布になんとなく入れていたキャバ嬢の名刺を見て、「あぁ、楽しかったな」「またあの子に会いに行きたいな」と思わせましょう。

administrator

そのための名刺の作り方や、名刺を渡す時のコツなどについて紹介していきます。

名刺の作り方

それでは、まずは名刺の作り方から見ていきましょう。

キャバ嬢の名刺は、普通の名刺とはまた少し趣が違います。

普通の名刺は白い長方形の厚紙に名前や会社名、軽い連絡先などが書かれている程度。

その基本についてはキャバ嬢も変わらないのですが、キャバ嬢が名刺を渡すのは「取引先」ではなく「お客さん」です。

ある程度お客さんを楽しませる工夫を加えることがとても重要になってくるんです。

顔写真を入れてみる

特に下っ端でキャバ嬢始めたての人は、お店で用意してもらえるシンプルな名刺を利用するかもしれません。

ですが、ある程度キャバ嬢の仕事を続けてきたら、自分のオリジナルの名刺を作ることも考えてみてください。
その時に自分の顔写真を入れてみましょう。

フリー客としてお店に入ると、料金の時間内で何人かのキャバ嬢の接客を受けることになります。

この時、お客さんはそれぞれのキャバ嬢から名刺をもらうことになりますよね。

初対面のキャバ嬢3人の接客を受けた上で、家で3枚の名刺を見てこれがあの子で、これがこの子で、と全て覚えている人がどれくらいいると思いますか?

その答えは「ほとんどいない」です。
よっぽどインパクトの強いキャバ嬢でないと、家に帰っても覚えてくれていません。

ですので、顔写真付きの名刺にすることで「あぁ、こんな話をしたこの子が◯◯ちゃんね」と名前と顔を一致させて覚えてもらうことができます。

administrator

この「覚えてもらう」ということがまた次も来てもらうための大事なポイントなんですよ。

裏に手書きのメッセージなどを添える

キャバ嬢の名刺って、バラエティーが富んでいていろんなデザインのものがあるんですよ。

ハート型のものや箔押しのもの、なんてデザインもありますね。

名刺を作る上で意識して欲しいのが、裏面です。

もしかするとかっこいい・おしゃれという理由から真っ黒な名刺を作ろうと思っているかもしれませんが、両面真っ黒な名刺は避けたほうが良いと言えます。

それはメッセージを書くことができないから。
手書きのメッセージをお客さんそれぞれに書いて渡すことで、心のこもり方、お客さんから見た印象が大きく違います。

ですので、おしゃれなデザインの名刺を選ぶ上でも、どこかしらにボールペンでメッセージが書けるものを選びましょう。

名刺はどこで作れる?

さて、名刺はどこで作れるのでしょうか?

新宿歌舞伎町には実際に顔を合わせてプロのデザイナーとデザインを相談することができるキャバ嬢・ホスト専門の名刺業者なんてものもあります。

しかし、まだ人気が出ていない、稼げないキャバ嬢の方にとっては大きな出費となるでしょう。

また、地方のキャバクラで働いている方にとっては、デザイン名刺の業者が近くにないという方も多いかもしれませんね。

そこで注目して欲しいのがキャバ嬢用名刺の通販サイトです。

administrator

ここでは手軽に、比較的少額で名刺を作ることができるキャバ嬢向けのデザイン名刺の通販サイトについてご紹介いたします。

アゲハ名刺ドットコム

アゲハ名刺ドットコムはキャバ嬢中心の名刺通販サイトです。

おしゃれなデザイン名刺や特殊なラミネート、箔押しの名刺も比較的安く作ることができます。

元からキャバ嬢におすすめのデザインが数多く用意されています。
キャバ嬢の名刺に疎い方でも簡単に注文することができて、通販サイトですのですぐに自宅に届けてもらえます。

さらに名刺にお金をかける場合、テンプレートのデザイン名刺はもちろんオーダーメイドのオリジナルデザインの名刺を作ってもらうこともできます。

おすすめポイント
■ 特殊加工の名刺でも比較的安く作れる
■ 自宅に届けてくれる
■ オリジナルデザインの名刺を作れる

かわいい名刺CLUB

かわいい名刺CLUBも女性に人気の名刺通販サイトです。

定番のデザインから、中には会話の話題になるちょっとおもしろいデザインもテンプレートとして選択することができます。

自分の個性に合わせて名刺のデザインも雰囲気を合わせると良いですね。

顔写真を入れることもできますし、修正に関しても何度でも無料で対応してもらうことができます。

自分の好みに合わせて名刺のデザインをこだわりぬくことができる上、料金も格安です。

おすすめポイント
■ ユニークなデザインの名刺が作れる
■ 顔写真を入れることができる
■ 何度も修正可能
■ 料金が安い

名刺プラス

とにかく格安で名刺を作りたいという方におすすめなのが名刺プラスです。

名刺プラスでは数多くあるテンプレートのデザインの中から選択する分には、100枚印刷したとしても3000円弱です。

他の名刺通販サイトと比べても非常に格安ながら、可愛いデザインから大人っぽいデザインまで数多く用意されています。

全て両面印刷されている上、無料でフォントの変更や同デザインの色違いも選択可能。

テンプレートでありながら他の人と被らない名刺作りをすることができます。

おしゃれに安く、オリジナルの名刺を作りましょう。

おすすめポイント
■ 料金が格安
■ すべて両面印刷
■ デザインの種類が多い
■ オリジナルデザインの名刺を作れる

名刺を渡すタイミング

名刺を渡すタイミング、最初は戸惑うかもしれませんね。

実際キャバ嬢が名刺を渡すタイミングは明確に決まっているわけではなく、最初に渡す方もいれば最後に渡す方もいます。

もちろんお客さんによって渡されて嬉しいタイミングはそれぞれでしょう。

ですが、初対面のお客さんの場合は一番最初に名刺を渡すのが一番無難だと言えます。

名刺はいわば自己紹介です。
最初に「◯◯です!」と名乗るだけでは名前はすぐに忘れられてしまうかもしれません。

最初に名刺を渡しながら自己紹介すれば、たとえ名前を忘れられたとしても手元の名刺を確認すれば良いだけです。

administrator

名刺を渡されたら自分も名刺を渡す、というお客さんも多いです。
最初にお客さんの名刺をもらうことができれば、そのお客さんの名前や仕事など、お客さん自身の話題を掘り下げることもできますよね。

まとめ

キャバ嬢の名刺の作り方や渡し方で気をつけるべきところは3つ。

顔写真を入れて顔と名前を一致させて覚えてもらう
裏に手書きのメッセージなどを添える
名刺は最初に渡して名前を覚えてもらう

次の指名につなげるためには、まず名前と顔を覚えてもらわなければいけません。

たとえあなたの接客が良くてまた会いたいと思ったとしても、「あの子の名前なんだったっけ?」と名前を思い出すことができなければ指名したくてもできません。

ですので、売れっ子キャバ嬢の方は、接客レベルを上げることはもちろんですが、名刺などを効果的に使ってお客さんに顔と名前を覚えてもらうことを重視している方が多いです!

この3つについて気をつけるだけで、お客さんからの認知度がぐっと上がります。

「お客さんに自分を覚えてもらう工夫」をぜひ実践してみてくださいね。